味噌Q&A

◆ 味噌と健康についてのFAQ

Q7.味噌の塩分はどれくらいですか?

 味噌に含まれる塩分は、すべて水分に溶解した形で存在します。そして、味噌の種類や麹の種類・量によっても塩分量は異なります。

 味噌を仕込むときに使う塩分は、通常12%前後で、豆味噌や甘口味噌はやや少なく、白味噌や江戸甘味噌はさらに少なく5〜7%となっています。

 味噌に含まれる塩は、熟成過程での発酵微生物の増殖や代謝、酵素作用をコントロールするうえで欠かせないだけでなく、有害雑菌(枯草菌など)を抑制する働きもします。また、塩分の多い味噌は、微生物の活力が抑えられるので、十分な風味が生じるまでには時間がかかりますが、同時のその間に塩馴れ(塩味がなじんでまろやかになること)も起こるので、成分表からだけでは、食べたときの塩味は判定しがたいものです。

(資料提供:みそ健康づくり委員会


ページの先頭へもどる

山形県醤油味噌工業協同組合 TEL:023-645-1531 FAX:023-645-1532
Copyright ©2005 山形県醤油味噌工業協同組合 All Rights Reserved.