味噌Q&A

◆ 味噌の市場についてのFAQ

Q8.最も消費量の多い味噌は?

 味噌の中で最も生産比率の高いのは、米麹を用いて造る米味噌です。味噌全体における米味噌の比率は、79〜80%を占めており、麦味噌の8〜10%、 豆味噌の5〜6%、調合味噌の10%と比べると圧倒的に多くなります。

 米味噌は、麦味噌や豆味噌に比べて味にクセがなく、甘味が強いこと、色も淡色系であることが好まれる理由でしょう。

 ただし、生産比率は低くても、九州を中心に麦味噌の人気は高く、中には麦が大半で大豆を含まないものすらあるほどですし、 豆味噌も愛知およびその近県では料理に欠かせない味噌として食べ継がれています。また、米味噌の生産量が最も多いというものの、 米味噌は甘口、辛口、淡色、赤色など多岐にわたっており、地方ごとに造られる味噌は、同じ米味噌とは思えないほどバリエーションに富んでいます。 そうしたことを考えると、米味噌が高い生産量を誇るのも、産地ごとに種類が多いことが大きく影響していると考えられます。

 調合味噌も近年増加傾向をたどっていますが、一般消費者の味噌に対する嗜好は、淡色でクセがない風味に傾きつつあるともされ、 これが、マイルドな調合味噌の消費を伸ばす理由とも考えられます。

みそ種類別生産比率

(資料提供:みそ健康づくり委員会


ページの先頭へもどる

山形県醤油味噌工業協同組合 TEL:023-645-1531 FAX:023-645-1532
Copyright ©2005 山形県醤油味噌工業協同組合 All Rights Reserved.