味噌Q&A

◆ 味噌の市場についてのFAQ

Q3.味噌の代表的な産地は?

 味噌には、津軽味噌、越後味噌、信州味噌、仙台味噌など、産地の名前を銘柄としているものが少なくありません。 また、そうした地方では、昔からその土地の風土に合った味噌が造られてきました。

 現在、味噌の生産量が多い県は、青森、新潟、長野、愛知などです。ことに長野県は総生産量の4割近くを生産しており、 味噌の大産地であることがわかります。南の地方では、広島、徳島、福岡、大分などが比較的生産の多い県となっています。

 さらに、味噌の種類別で出荷数量を見ると、米味噌は全国的に造られていますが、大産地の長野および関東、東北、 北陸地方に多く見られています。一方、麦味噌は、中国、四国地方、および九州と関東地方に集中します。 豆味噌は、愛知、三重の2県がその大半を占め、そのほかに岐阜、広島、徳島が比較的多くなります。調合味噌の出荷が愛知に多く見られるのは、赤だし味噌(調合味噌)の生産が多いためです。

 主原料である大豆、米の産地に味噌が多く造られる傾向もある反面、独特の製法の味噌を生んだ地方は、やはり味噌の大きな産地となっています。

(資料提供:みそ健康づくり委員会


ページの先頭へもどる

山形県醤油味噌工業協同組合 TEL:023-645-1531 FAX:023-645-1532
Copyright ©2005 山形県醤油味噌工業協同組合 All Rights Reserved.