山形の郷土料理 其の一「納豆汁」

◆ 「納豆汁」とは……

「え〜? あのネバネバした納豆がみそ汁に!?」

 納豆汁はまさしく日本料理の中の異国料理的。そんな感じさえ受ける県外の人々……。
 でも、体のしんしんと冷える夜は納豆汁が一番……。暖まるだけでなく、栄養的にも理にかなっています。
 まず「味噌・豆腐・油揚・納豆」一つの料理に四つも大豆蛋白が入っています。大豆・納豆の効能はよく知られているところ。
 次に必ず“いもがら”が入ります。これはずいきと茹でて、秋、太陽をさんさんと浴びて干し物になります。太陽の少ない冬、太陽を食べると同じ。骨に関与するビタミンDを含んでいます。
 こんにゃくは昔から砂落しといわれ、繊維質が一杯。葱は活力の元。唐辛子はミネラルの宝庫。

 昔、栄養的見識のない頃、生理学的自然欲求生活の知恵、体験的欲求で、各季節にこれを食べないと健康が保てないよ…と私達に残してくれた、それが郷土料理。先人の命の叫びのように私には感じられ、大切に次の世代に残してゆきたいものです。


◆ 「納豆汁」の作り方

納豆汁
納豆汁の材料
材料(4人分)
納豆 1袋
豆腐 1/2
油揚げ 1枚
芋がら 20cm×2本
こんにゃく 1/2
ネギ・芹・唐辛子 適量
ダシ汁 5カップ
味噌 大さじ4
  • 1.豆腐は1cmの角切り、油揚げは油抜きをして1cmの角切りにします。
  • 2.芋がらはもどして5mmに切ります。
  • 3.こんにゃくは下茹をして1cm角に切ります。
  • 4.ダシ汁に芋がら、こんにゃく、油揚げを入れて煮ます。
  • 5.「4」がやわらかくなったら豆腐とすりつぶした納豆、味噌を加え沸騰する前に火を止めます。
  • 6.椀に盛り、きざみネギ、芹、唐辛子を添えてできあがりです!!

【指導】山形中央クッキングスクール校長 古田 久子 先生
〒990-0025 山形市あこや町3丁目3-20 TEL:023-622-1676 FAX:023-622-8038


ページの先頭へもどる

山形県醤油味噌工業協同組合 TEL:023-645-1531 FAX:023-645-1532
Copyright ©2005 山形県醤油味噌工業協同組合 All Rights Reserved.