山形の郷土料理 其の二「いも子汁」

◆ 「いも子汁」とは……

「いも煮会、終わりましたか?」

 山形の9月は「いも煮会、終わりましたか?」この挨拶から始まり、 十万人が馬見ヶ崎川原に集う山形市恒例の「日本一大鍋いも煮会フェスティバル」が山形名物いも煮会の幕開けとなります。
 いも子汁・いも子煮・いも煮会等と呼ばれますが内容は同じです。 そのルーツは古く、農耕神事とも、紅花交易による最上川船文化に端を発する等、説は色々ありますがともあれ、 弘化2年、山形城主秋元但馬守、館林に移封の際「芋を煮て別離の宴を催した」この人です。 この記録を知れば、300年余、紆余曲折しながら今に伝承された食の文化と言えるでしょう。
 芋の煮方も、里芋・牛肉・こんにゃく・葱、醤油味山形方式、 また、馬鈴薯・豚肉・こんにゃく・ごぼう等、味噌味庄内方式と二分され、 風土生活習慣の中で醤油か味噌か、牛か豚か。それぞれ味自慢の対象となっております。
 また、当初は葱は使わない(越冬野菜)牛肉は明治以降で棒鱈を使い、里芋が冬は越せませんでした。 それで年内に食べきろうとしたのでしょうか。

※庄内地方は豚肉を使用して味噌味に仕上げます。


◆ 「いも子汁」の作り方

いも子汁
いも子汁の材料
材料(4人分)
里芋 600g
牛肉 300g
こんにゃく 1枚
ネギ 1本
ダシ汁 8カップ
50cc
砂糖 大さじ2
醤油 1/3カップ
少々
  • 1.里芋は大きいものはふたつに切り、塩もみをしてぬめりをとります。
  • 2.牛肉は食べ易い大きさに切ります。
  • 3.ネギは太めの斜め切りにします。
  • 4.こんにゃくは一口大に手でちぎります。
  • 5.「A」の中に「1」の里芋、「4」のこんにゃくを入れて、里芋がやわらかくなるまで煮ます。
  • 6.「5」がやわらかくなったら、牛肉を加え、浮き上がるアクをとり、煮立て、ネギを加えてひと煮立ちしたらできあがりです!!

【指導】山形中央クッキングスクール校長 古田 久子 先生
〒990-0025 山形市あこや町3丁目3-20 TEL:023-622-1676 FAX:023-622-8038


ページの先頭へもどる

山形県醤油味噌工業協同組合 TEL:023-645-1531 FAX:023-645-1532
Copyright ©2005 山形県醤油味噌工業協同組合 All Rights Reserved.