2002年/小野川温泉 4〜9月 プラン
米沢市の郊外、鬼面川(おものがわ)沿いの自然豊かな落ち着いた風情が自慢の温泉。小野川温泉の”小野”は、平安時代の美人の象徴・小野小町に由来します。1200年ほど前、父を慕い京都より旅立った小町が病に倒れたとき、この地の温泉につかり、病も癒え、絶世の麗人に生まれ変わったという伝説から”美人の湯”ともいわれています。 伊達政宗や米沢藩主・上杉鷹山もこよなく愛した名湯です。 小野小町の開湯以来1200年もの間、こんこんと沸き続ける小野川温泉は高温・泉質に恵まれ、まさに”温泉中の温泉”。泉質は含硫黄(ナトリウム・カルシウム)食化物泉で、泉温83度、pH7.2の高温の湯が自慢。皮膚病、婦人病、創傷、糖尿病、やけど、神経痛、慢性消化器病などに効果があります。自然と歴史に育まれた名湯を満喫してください。

小野川温泉の泉質の特徴
財団法人中央温泉研究所/所長 甘露寺 泰雄


夢ぐりプラン(宿泊者限定)(お一人様1000円)
旅館15軒、共同浴場2軒の計17軒に夢ぐり手形(おとな・こどもとも1,000円) で各風呂に3回まで入浴可能です。

※各宿泊箇所で夢ぐり手形をお買い求め頂き、現地にてお渡しする「夢ぐり散策マップ」を参考にご利用ください。
※必ず各旅館の「浴衣」を着て、夢ぐりとそぞろ歩きをお楽しみ下さい。


画像のコマは、夢ぐり通行手形です。
各旅館に宿泊の方が購入でき、この通行手形を持参して 夢ぐりをお楽しみ下さい。
コマの形の夢ぐり通行手形には「夢ぐりシール」が3枚貼ってあります。
入浴の際は、1名につき夢ぐりシール1枚を旅館のフロントへ渡す事により 夢ぐり参加旅館のお風呂に入浴する事ができます。

夢ぐり通行手形の楽しみ方
●付属のひもを巻き付けて廻して遊ぶ。
●「独楽の里つたや」にて無料絵付けが楽しめる。

小野川温泉 夢ぐり心得5ヶ条
  • 温泉めぐりを必ずゆかたを身にまとうて楽しむべし
  • 夢ぐり手形を購入すべし
  • 刻限を守り、入浴すべし
  • 湯の神薬師堂に参拝すべし
  • 金品は、己自信が管理すべし
「夢ぐりプラン」補足説明
2001/9/1現在 小野川温泉に宿泊利用頂いた方に、 いろいろなお風呂も楽しんで頂きたい。 温泉街の各旅館の協力の下に「夢ぐりプラン」が実行されております。
「旅館の中に閉じこもらず、宿泊のお客様に浴衣姿で温泉街を歩き、 楽しんで頂きたい。」
このようなコンセプトの下、チャレンジ精神で活動しております。
現在は、原則として宿泊利用の方。又は、日帰り昼食・日帰り室料付き等のお客様向けのサービスとして行っております。

※日帰り入浴のみのお客様にはご利用頂けない状態です。どうぞご理解下さい。
露 天 風 呂

    【利用期間】 7/29 〜 10/27 まで (秋) 名 称 : 「露天・小町の湯」
    ◆ほたる公園内に石組したお風呂(男女別)が無料で入浴できます。
    詳細をご覧下さい
朝    市

    【利用期間】 11/上旬 まで  (秋)
    ◆JA三沢支店にて、季節の産物等を販売いたします。期日指定で、みそ汁の振る舞いあり。
    利用時間 (6:00 〜 8:00) 毎週日曜日のみ開催
そぞろ歩き休み処
    【利用期間】 11/中旬 まで  (秋)
    ◆各旅館共通の下駄(男女別)が用意してあります。
    ◆温泉街の6箇所に、木製のベンチと野立ての傘が置いてあります。2箇所には、セルフサービスでお茶が飲めます。
レンタサイクル (宿泊者限定)
    【利用期間】 11/中旬 まで  (秋)
    ◆温泉街の自転車屋(愛郷舎)または、河鹿荘にて無料にて貸し出しいたします。
    台数に限りがあります。(10台)
温泉街散策マップ
    【利用期間】 10/1 から 3/31 まで  (秋・冬)
    ◆各旅館・商店に散策マップ(絵地図)秋・冬バージョンが置いてあります。(無料)
    あわせて、各旅館の収容・部屋数・料金・宿泊形態等と旅館・商店の場所かわかる地図裏には、小野川温泉までの広域道路マップも置いてあります。
便利な出前
    【利用期間】 
    ◆4月 〜 11/下旬  温泉街の3箇所に出前スポットがあります。
    (11/下旬〜1/上旬の間は、利用できません)雪が積もるまで
    ◆1/上旬 〜 3/上旬  温泉街の児童公園に《かまくら》を作りその中に出前いたします。
    (雪の積雪状況により、利用期間が変更になります)
独楽の里 つたやでの楽しみ
    【利用期間】 通年
    ◆敷地の周りにいろいろな花が咲いています。
    ◆独楽の色付け体験(入浴手形購入の方は、無料で体験できます)
    ◆ドアプレート・リース作り体験 (有料)
    ◆1/上旬 〜 3/上旬  《かまくら》の中におそばの出前ができます。
    ◆各旅館まで、送迎いたします。(当日電話にて予約が必要)
本格派・蔵人体験 (宿泊者限定)
    【利用期間】 1/上旬 から 2/28 まで  (冬)
    ◆弁天酒造または小嶋総本店・東光にて(未決定)一味違う本格派蔵人体験ができます。
    料金 お一人 3000円 (3日前まで要予約) オリジナルラベルお酒 1本付
    小野川温泉より送迎いたします
    体験時間 (9時〜12時) 旅館出発時間 8:15分(内容は今後変更あり)
ハーブ教室体験 (宿泊者限定)
    【利用期間】 10/1 から 3/31 まで  (秋・冬)
    ◆ハーブ園(麦わらぼうし)にてハーブスティック作り体験ができます。
    料金 お一人 2500円 (3日前まで要予約)
    宿泊先から会場までは、送迎いたします。(秋と冬で体験時間が変更になります。時間未決定)
ミニ雪灯篭作り体験とかまくらと雪遊び
    【利用期間】 1/上旬 〜 3/上旬 (冬)
    ◆宿泊先で、手軽に雪の灯篭を作り、夜ロウソクに火を灯すことができます。
    ◆長靴を借りて、スコップ・スノーダンプで雪かき体験できます。
    ◆児童公園の中にかまくらを数基作ってあり、雪遊びができます。
    ◆温泉街のメイン通りに雪灯篭が立ち並び、夜ロウソクに火が灯ります。
飲泉所
    【利用機関】 通 年
    ◆小野川温泉の尼湯前と旅館組合事務所前の2ヶ所で利用できます。
    尼湯前・名称【霊泉:峰の薬師】 
     共同浴場(尼湯)の前にあり、浜田広助の石碑と温泉玉子を作るお湯溜まりなど自然石を使った、温泉街のシンボル的な場所です。

    組合事務所前・名称【霊泉:小野小町】
     旅館組合駐車場の中にあり、足湯と飲泉所がいっしょになった、小野川温泉の新しい魅力の場所です。


過去の湯あみ旅情企画
2001年秋

.