薬 師 堂

  

 

 

  

 
 
歴史のなかの小野川温泉

小野小町と温泉の由来
米沢の歴史
上杉家と戦国武将列伝
  伊達政宗
  上杉謙信
  上杉景勝
  直江兼続
  上杉鷹山
  上杉茂憲 

小野小町の伝説に彩られた美人の湯
伊達政宗も愛した自然の温泉
 小野川温泉の名前の「小野」は、平安時代の歌人、日本の美人の象徴にも揚げられる、小野小町からきています。
 1200年前に小野小町が父を探し京都から東北に向かった途中で病に倒れ、この地の温泉につかって病を癒したという伝説が今でも残っています。
 伊達政宗といえば仙台を思い出しますが、伊達家はもともと山形県の米沢を拠点として活躍していた武家です。1567年、米沢城主伊達輝宗の長男として生まれたのが後の伊達政宗です。政宗は会津にまで勢力をのばし南東北の有力な武将として豊臣秀吉にとってもあなどれない勢力でした。その伊達政宗がこよなく愛した温泉がここ小野川温泉です。