伊達政宗
(1567〜1636)

独眼龍として畏敬された仙台藩主

 米沢城主伊達輝宗の長男として永禄10年(1567)年、米沢城に生まれました。幼名は梵天丸といいました。幼いときに疱瘡を患い、その病毒により右目を喪失しました。
 15歳で初陣、華々しい活躍で戦果を揚げていきました。18歳の時に父輝宗が畠山氏に謀殺され、家督を引き継ぎました。直ちに父の仇を討ち、天正17年(1589)に芦名氏を滅ぼし会津を勢力下におきました。居城を会津黒川城に移し、東北南部な広大な領地を占めるにまでなりました。
 その勢いは、天下を目指す羽柴秀吉には脅威として移りました。天正18年、豊臣秀吉は小田原に出兵し北条氏をうち破りました。このとき、政宗も天下の趨勢を察し秀吉に降伏しました。秀吉により会津の領地を没収され、伊達家は米沢城に戻りました。それでも秀吉は政宗を恐れ、天正19年岩出山(宮城県)へ移封しました。
 秀吉の死後関ヶ原の戦いでは徳川方に付き、皮肉にも米沢藩の上杉景勝と戦いました。徳川家康は岩出山から仙台に移封させ、東北の要としての地位を築きました。大阪夏の陣では派手な出で立ちで参戦し「伊達男」という言葉の語源にもなっています。
 江戸幕府成立後は、62万石の大大名として幕府にも大きな影響をあたえました。

 
上杉謙信
(1530〜1578)

自らを毘沙門天と称し、道義と理想に生きた武将

 戦国時代の越後は、守護の存在しない無法の群雄割拠の地でした。その中で、長尾為景は守護代として一応の勢力はあったものの、絶対的な力はありませんでした。その為景の末子として春日山城に生まれたのが影虎、後の謙信です。枇杷島城の禅寺にあずけられて育ちましたが、そのときの影響が後の毘沙門天としての上杉謙信になります。
 父為景の死後、周囲に擁立される形で守護代の相続争いに巻き込まれ、結果的には兄たちを駆逐する形で越後を統一し、長尾影虎を名乗りました。この争いが深く心にのこり、道義のために戦うという影虎の信条が形成されました。
 このころ関東管領の上杉家は没落を続け、ついに春日山の長尾家に養護を求めてきました。影虎の信条と相まって春日山に上杉の為の居城も用意したほどです。ついには、上杉家の名跡を譲り受け謙信を名のり幕府から関東管領を任命されました。ここに上杉謙信に始まる上杉家が始まりました。
 謙信は、越後を平定後は北陸の一向一揆を鎮めたり、北上して上洛を狙う織田信長軍をうち破るなど、近代戦術の祖として生涯に負け戦は一度もありませんでした。織田との戦いで謙信は鉄砲を使い、織田軍を驚かせました。後の信長の鉄砲への傾注は謙信に教えられたといわれています。
 しかし、室町幕府の擁護者としての信条から占領政策は全くせず、戦に勝つとそのまま引き返すということをしていたため譲り受けた以外の自らの領土の拡大はしませんでした。道義に反する者達をなぎ倒すという理想に生きつづけました。
 有名な武田信玄との川中島の戦いも道義に基づくものですが、日本海貿易と金山銀山を保有する越後と、金山開発と治世の素晴らしさで力をつけた甲斐との経済大国同士の経済戦であったという見方もあります。
 48歳で病死するまで独身を貫き戦に生きた謙信は間違いなく戦国の最強武士といえるでしょう。

 

 
上杉景勝
(1555〜1623)

沈着にして断有り、高邁にして大胆

 坂戸城主の長尾政景と謙信の姉仙桃院の次男として生まれました。
 謙信は結婚をしなかったため、跡継ぎがなく北条氏康の七男を養子として迎え景虎と命名していました。同時に血縁の姉の子を養子として迎えていたため、両者の間で相続争いが起きました。
 戦いに勝ったのは景勝のほうでした。越後と佐渡を平定し、謙信の勢力を受け継ぎました。豊臣秀吉の小田原征伐・挑戦征伐で功績を挙げ、慶長3年(1598)会津も勢力下に与えられ会津へ移封されました。秀吉が死ぬと、豊臣政権の五大老として政権を支えました。
 しかし、時代は徳川に移り関ヶ原の戦いで西軍に組みし伊達政宗と戦いましたが徳川の勝利により上杉は米沢三十万石に減封・移封され米沢城主となりました。
 西軍に味方したのは、謙信の意志を引き継ぎ道義に立ったからなのかもしれません。

 

 
直江兼続
(1560〜1619)

謙信・景勝の知恵袋。上杉の重臣。

 直江家は越後の時代から長尾家の重臣として、仕えていました。兼続は謙信に重用され、また景勝にも仕えた上杉家の重臣もでもありました。
 慶長3年(1598)景勝が越後から会津若松に移封されたとき、米沢を兼続に任されました。上杉景勝が米沢に移封されたときから本格的な城下町つくりが始まりました。
 兼続は屯田制度により士族救済を実施し、屋敷割や町割・治水・産業振興を固め、上杉家の治世を盤石のものにしました。
 名門の出身の上杉家臣団のなかにあって、真の意味での上杉の片腕としてその人間性から信頼を集めました。
 兼続の刊行した「五臣注文選」は我が国初の銅活字もによるもので、後に学問所禅林文庫の設立にも力を注ぎました。

 

 
上杉鷹山
(1751〜1822)

米沢藩中興の名君。現代の不況下経営の手本。

 三代綱勝が急死したことで、米沢藩は30万石から15万石に減封されてしまいました。これにより藩財政は逼迫し、加えて名門意識の強い家臣団は状況に対応できず財政悪化は年を追ってひどくなっていきました。ついには八代藩主重定は幕府に返納を決意するほどでした。
 そのような中、高鍋藩から養子に迎えられ17歳で藩主となった治憲(鷹山)は、強い抵抗の中に挫折しそうになりながらも、強い意志と若い武士達や農民たちに語りかけることでしだいに受入れられ改革を実行することが出来ました。
 大倹の断行を誓い、自ら一汁一菜を実行し改革に着手しました。武士といえども時には刀を鍬に替えて国を養うことを説き自ら実践しました。農民の援助・殖産興業・開拓・水利事業など勤勉倹約を旨とする民政の安定と経済の復興を図り、生涯藩政の再建に心を砕き続けた名君でした。
  一、国家は先祖より子孫へ伝候国家にして我私すべき物にはこれ無く候
  一、人民は国家に属したる人民にして我私すべき物にはこれ無く候
  一、国家人民の為に立ちたる君にて君の為に立たる国家人民にはこれ無く候

 これは、「伝国の辞」として上杉鷹山が治広に家督を譲る際に、君主の心得として与えたものです。その内容は現在の民主主義そのものであり、封建時代の当時にあってその価値の重要性は世界からも高い評価を得るに値します。かの、J.F.ケネディが大統領就任の際に尊敬し目標とする政治信条に上杉鷹山を揚げたことで一躍世界の注目を集めました。
 日本でも現在の不況の中で、心を持った経営で藩財政を立て直した上杉鷹山に見習おうというブームが巻き起こっています。
  成せばなる、成さねばならぬ何事も
   成らぬは人の成さぬなりけり

 

 
上杉茂憲
(844〜1919)

米沢藩最後の藩主

 幕末、米沢藩は十二代上杉斎憲のもと仙台藩とともに奥羽列藩同盟に加わり、越後で官軍と戦いを繰り広げました。しかし、慶応4年(1868)9月降伏しました。家督を譲り受けた茂憲は藩籍を奉還し、ここに上杉謙信からは十四代、米沢藩としては十三代にわたる上杉は終わりました。
 この間、中央に決して媚びることなく上杉としての誇りを持ち続け孤高の獅子として常に中央に対峙し続けた精神は、現在の米沢にも魂の底に息づいています。