山形県中小企業団体中央会
メインメニュー
ホーム
中小企業団体中央会は、中小企業等協同組合法及び中小企業団体の組織に関する法律に基づいて、中小企業の組合等を会員とし設立された団体で、公益性の高い特別民間法人です。
主な目的は、中小企業の組織化を推進し、その強固な連携による共同事業を推進することによって、中小企業の振興発展を図っていくことにあります。
中央会では、事業協同組合等の設立や運営の支援、あるいは中小企業の経営について相談に応じるとともに、組合のために活路開拓調査指導事業、情報化対策事業、研修会、個別専門指導など各種指導・助成事業を行っており、その経費の一部は国や地方公共団体から助成されていますことから、国や都道府県の中小企業担当部課と十分連絡をとりながら事業を進めています。主な活動事業は次の通りです。
中央会の主な活動
  • 組合の設立及び運営指導、中小企業の経営・労務・経理税務・法律相談
  • 組合の金融、経理税務、事業運営、流通、労働問題等に関する講習会、講演会等の開催
  • 弁護士、税理士等による専門的な問題について個別専門指導
  • 小企業者の 組織化推進と官公需受注の促進
  • 中小企業及び中小企業の組織に関する調査・研究
  • 中小企業組合検定試験の実施と組合士の認定・登録
  • 組合青年部の育成強化
  • 活路開拓事業・情報化対策事業・組合研究集会事業などを行う組合及び小企業者モデル組合への助成
  • 海外中小企業事情の調査研究と研修団の派遣
  • 機関誌の発行などによる情報提供と連絡
  • 中小企業振興対策の建議・陳情・請願
イラスト

ホームメインメニュー

pagetop