HomeMain MenuLink

[I]制度導入の準備

1.制度内容の検討

 導入すべき制度の内容について検討します。

(7)退職金
退職金の算定に当たっては、通常の勤務者と同じく通算します。
就業規則記載例
第○条(育児短時間勤務)
 定期昇給及び退職金の算定にあたっては、本制度の適用を受ける期間は通常の勤務をしているものとみなす。
コーション
  • 短時間勤務等取得者に対する処遇
  • 労働者が当該措置(短時間勤務等)の適用を受けることを申し出たこと又は当該措置の適用を受けたことを理由として、当該労働者に対して解雇その他の不利益な取り扱いをしてはならないとされています。
    (子の養育又は家族の介護を行い、又は行なうこととなる労働者の職業生活と家庭生活との両立が図られるようにするために事業主が講ずべき措置に関する指針 平成16年厚生労働省告示第460号)
クローバー_イメージ

Home Main Menu Link